FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、
FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

為替の基礎知識;日本のお金の歴史#1

今回はもう少し日本のお金の歴史についてみていきましょう。
日本のお金の源流は、中国の貨幣にあります。中国の文化や制度を積極的に採用していた律令政府は、貨幣も唐銭「開元通宝」をモデルとし、円形方孔(丸い形で真ん中に四角い穴が開いているもの)で大きさも重さもほぼ同様の「和同開珎」(わどうかいほう)を発行しました。(西暦708年)

律令政府が発行した貨幣の「皇朝銭」は、原材料の銅の不足などから改鋳の度に銭の質を落としていき、次第に字体も整わない粗末なものになっていったことから、10世紀末には律令政府の弱体化もあって鋳造は停止されました。

その後11~17世紀頃までは、主に「渡来銭」と呼ばれる中国の貨幣が使用されました。この状態は江戸時代初頭まで続いたそうです。しかし、16世紀頃の戦国時代中期には、鉄砲購入のためなど高額貨幣に対する需要の高まりを背景として、各地の大名が積極的に金銀の採掘を行い、多くの金銀貨がつくられていきました。

17世紀、徳川幕府は全国通用の貨幣制度を制定し、貨幣発行権の独占と貨幣様式の統一を図りました。「金貨」は額面金額と枚数で価値を表す「計数貨幣」、銀貨は重さにより価値を示す「秤量貨幣」、銭貨は1個1文の「計数貨幣」というようにそれぞれ別個の価値体系をもっていました。このあたりから、小判や銀貨など馴染みの深い貨幣が登場してくるというわけですね。

次回は日本のお金「円」の歴史についてみていきましょう。

為替の基礎知識;お金の歴史

為替の基礎を学ぶ前に、『お金』の歴史について勉強しておきましょう。そもそもお金っていつから使われているのでしょうか。

一般にお金と呼ばれますが、硬貨や紙幣は正式には『貨幣』と云います。日本なら「円」ですし、アメリカなら「ドル」、韓国は「ウォン」です。こうした貨幣はいつ頃から使われ始めたのでしょうか。

はるか大昔の話ですが、物々交換が盛んに行われるようになると、物資の交換に伴う不便が生じ始めました。
「重くて運べない」、「数が多くて運ぶのが一苦労・・・」などなど。こうした不便を取り除くため、◆誰もが欲しがり、◆集めたり分けたりして任意の値打ちを表すことができ、◆容易に持ち運び、保存できるような品物が、交換の媒介物として用いられるようになりました。

これが「物品貨幣」または「原始貨幣」と呼ばれるもので、、貝殻や石などの自然貨幣、家畜や穀物などの商品貨幣とに分類されます。代表的な物品貨幣に、貝類(古代中国、オセアニア)、石類(オセアニア)、穀物や布(日本)等があります。

時代が下って、青銅や鉄、銅、あるいは金・銀などの金属が貨幣として使われるようになりました。古くは紀元前7世紀に金属貨幣が使用されていたようです。金属は「保存性」・「等質性」・「分割性」・「運搬性」など貨幣としての必要な条件をよく満たしていることが普及につながりました。

ちなみに、日本で初めて公的に発行された貨幣は、西暦708年に律令政府によってつくられた「和同開珎」(わどうかいほう)で、円形でまん中に四角い穴があいており、中国の貨幣をモデルとしてつくられました。

経済