FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、
FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

為替相場をどうやって読むか、それが問題だ

為替の変動を予測できるようになりたい!

為替投資家ならば誰もが思うことだと思います。
そこで今回は為替の読み方を調べてみました。

①為替相場で注目されているひとをマークしよう

為替を動かせるくらいの力の持ち主の発言に注意します。
国の経済政策を担う大臣や閣僚、中央銀行の総裁や関係者の発言によって相場が動くことが多々あるようです。今後の景気や見通し、金融政策などの発言により相場が大きく動いたりします。
中にはうっかり口をすべらせてしまう方もいらっしゃるみたいですしね。
よく注目される人物としては、財務大臣や財務長官・財務官、日本銀行の総裁や副総裁、アメリカFRB議長や理事、ヨーロッパECB総裁や理事がいます。

FRBとは連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board of Governors)のことで、アメリカの中央銀行みたいなものらしいです。大統領が任命するFRBの議長や副議長・理事は世界の経済に多大な影響力があります。

ECBとは欧州中央銀行(European Central Bank)のことです。ユーロ圏の経済支援や物価安定をはかるため1998年6月に設立されました。ドイツのフランクフルトに本店があります。ユーロ圏の金融政策が業務なのでECBは世界でも重要な影響力があります。

ニュースなどでよく取り上げられたりしますので、いち早く情報をゲットして金融経済動向や投資家の動きを先読みしたいですね!

FXの基礎用語;スワップ

初心者向けにFXの基礎について書いておりますが、FXの初心者向けに、これが完璧、という運用方法はありません。運用方法は自分自身にあったものを見つけていかねばなりませんから、様々の手法を勉強して答えを見つけて頂きたいですね。

さてFXで運用する過程で、為替の基礎用語についてスワップ金利の言葉をよく耳にされると思いますが、これは、日本の為替と海外の為替の金利差で運用する手法です。

政策金利で比較しますと日本の金利は0・10%と超低金利ですが、外国に目を向けてみますと米国が0・25%で、英国0・50%、ユーロが1・0%で、オーストラリアに至っては4・75%、南アフリカは5・50%にもなります。日本の銀行や郵便貯金で金利が貰えるのは昭和の古き良き時代の話ですが、FXにおける為替の運用については、スワップを利用すれば長期的に安定運用も可能です。

ただし為替の基礎を理解されている方はご存知だと思いますが、スワップで安定した金利を獲得できても、為替の変動によるリスクはあります。ですから、初心者の方は、金利の高い為替をいきなり狙うのではなくて、為替の情報が入手し易い米ドルやユーロでの運用をまずはおすすめします。

米国やユーロの主要国であるフランスやドイツの情報はテレビやネットなどで常に最新の情報が流れておりますから、政治や経済の不安による急な為替変動にも対応しやすいですからね。為替の基礎を学ぶうえで情報入手とリスク対応が重要視されますから、初心者の方は安定運用が基礎です。

為替の基礎知識;バブル以降

為替の基礎知識として、日本の為替相場の推移について近代史とともにご紹介しています。まずは基礎固めを行うことによって、為替の基礎力を上げておきましょう。

1985年(昭和60年)9月のプラザ合意から、急激な円高が進んでいきました。(※ ここで基礎知識ですが、プラザ合意とは、ニューヨークのプラザホテルに集まった当時の先進5ヵ国(日・米・英・独・仏のG5)の大蔵大臣・財務長官と中央銀行総裁が参加した会合で決定した外国為替市場での協調介入を行う合意のこと。)具体的な合意内容は、参加各国がドル安に向けて各国の通貨を一定の幅で切り上げること、その方法として参加各国が外国為替市場で協調介入を行うという内容でした。

こうした行動の狙いは、ドル安でアメリカの輸出競争力を高め貿易赤字を減らすこと、当時成長力を持っていた日本の輸出競争力を抑えることにありました。

プラザ合意の発表前日の円ドル為替相場は1ドル240円程度でしたが、年末の為替相場は200円を切る水準になり、1988年(昭和63年)初には120円台まで円高ドル安が進みました。こうして日本に流れ込んだ資金は、国内の証券市場や不動産市場へ投資され、日本に史上空前の資産バブルを持たらしたのです。

その後1990年にバブル崩壊を迎え、1995年(平成7年)に為替相場は1ドル=80円を切りました。2000年(平成12年)前後は為替は比較的安定し、1ドル=120円前後で推移ししました。

為替の基礎知識;日本のお金の歴史#2

為替の基礎知識を勉強するために、日本のお金の歴史を学んできましたが、今回はそのクライマックスともいえる「円」の歴史についてみていきましょう。

18世紀中頃、明治維新後、明治政府が太政官札などの新紙幣を発行する一方で、まだまだ江戸時代の貨幣も流通していたため、各種通貨の間での円滑な交換が大きな課題となっていました。そして、江戸幕府や新政府発行の数多くの貨幣が一緒に混在して流通している状況に諸外国から通貨の統一を迫られ、1871年(明治4年)に明治政府が「新貨条例」を公布し、統一単位に「円」が初めて採用されました。ここに「円」が誕生したわけです。

この「円」という単位が採用された経緯には諸説あり、(1.)港造幣局の機械を譲り受けた際、香港造幣局がもともと製造していた貿易用銀貨に「ONE DOLLAR 壱圓(いちえん)」という額面表示がされており、この「圓」がそのまま単位になった。(2.)新貨幣鋳造の際に、それまでの四角形から円形にしたので、その単位も「丸」という意味で便宜上「円」にした。(3.)大隈重信が「親指とひさし指で丸を作れば誰でもお金という意味が分かる。」と主張したことから、「円」とした。

このようにして日本円は誕生したわけですが、その歴史は150年ほどです。思ったよりも最近だということが御分かりいただけると思います。江戸時代の日本は鎖国政策を取っており、建前としては外国との貿易を禁じていたので為替相場というものは表向きには存在しませんでした。

経済