為替の基礎知識;日本のお金の歴史#2

為替の基礎知識を勉強するために、日本のお金の歴史を学んできましたが、今回はそのクライマックスともいえる「円」の歴史についてみていきましょう。

18世紀中頃、明治維新後、明治政府が太政官札などの新紙幣を発行する一方で、まだまだ江戸時代の貨幣も流通していたため、各種通貨の間での円滑な交換が大きな課題となっていました。そして、江戸幕府や新政府発行の数多くの貨幣が一緒に混在して流通している状況に諸外国から通貨の統一を迫られ、1871年(明治4年)に明治政府が「新貨条例」を公布し、統一単位に「円」が初めて採用されました。ここに「円」が誕生したわけです。

この「円」という単位が採用された経緯には諸説あり、(1.)港造幣局の機械を譲り受けた際、香港造幣局がもともと製造していた貿易用銀貨に「ONE DOLLAR 壱圓(いちえん)」という額面表示がされており、この「圓」がそのまま単位になった。(2.)新貨幣鋳造の際に、それまでの四角形から円形にしたので、その単位も「丸」という意味で便宜上「円」にした。(3.)大隈重信が「親指とひさし指で丸を作れば誰でもお金という意味が分かる。」と主張したことから、「円」とした。

このようにして日本円は誕生したわけですが、その歴史は150年ほどです。思ったよりも最近だということが御分かりいただけると思います。江戸時代の日本は鎖国政策を取っており、建前としては外国との貿易を禁じていたので為替相場というものは表向きには存在しませんでした。

経済