FXの基礎用語;ポジション他

今回は外国為替証拠金取引(FX)の基礎用語を勉強しましょう。FXを始めるにあたって為替の初心者にもわかりやすく基礎用語をご紹介していきたいと思います。為替の初心者の方も、是非、基礎用語をマスターしてFXを始めてみましょう。

[FXの基礎用語;ポジション]
ポジションとは、日本語では「持ち高」となります。いくら外貨を「買っている」「売っている」という取引状況を表すのが、ポジションです。

(例)アメリカドルを1万ドル買っている状況を、「ポジションを持っている」というふうに呼びます。また、FXでは、売りから運用をスタートすることができるので、「1万ドルを売っている状況」というものが始めから作れます。このように外貨を売っている状態のことも、やはり「ポジションを持っている」と云い、外貨を買っている状態のことを基礎用語「買いポジション」、売っている状態のことを基礎用語「売りポジション」と云います。

[FXの基礎用語;スワップ]
FXでスワップというと、取引をした2通貨の金利差を表します。基礎的な話ですが、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で受取になり、逆の場合は支払いになります。

スワップ金利を得ることを目的とした運用をFXスワップ運用などといいます。

[FXの基礎用語;スプレッド]
FXの基礎用語「スプレッド」とは、売り(ビッド)と買い(アスク)の差額のことを云います。簡単に言うと業者の儲けのことで、スプレッドが大きければ大きいほど、より安く売り、より高く買うことになります。

経済