為替の基礎知識;お金の歴史

為替の基礎を学ぶ前に、『お金』の歴史について勉強しておきましょう。そもそもお金っていつから使われているのでしょうか。

一般にお金と呼ばれますが、硬貨や紙幣は正式には『貨幣』と云います。日本なら「円」ですし、アメリカなら「ドル」、韓国は「ウォン」です。こうした貨幣はいつ頃から使われ始めたのでしょうか。

はるか大昔の話ですが、物々交換が盛んに行われるようになると、物資の交換に伴う不便が生じ始めました。
「重くて運べない」、「数が多くて運ぶのが一苦労・・・」などなど。こうした不便を取り除くため、◆誰もが欲しがり、◆集めたり分けたりして任意の値打ちを表すことができ、◆容易に持ち運び、保存できるような品物が、交換の媒介物として用いられるようになりました。

これが「物品貨幣」または「原始貨幣」と呼ばれるもので、、貝殻や石などの自然貨幣、家畜や穀物などの商品貨幣とに分類されます。代表的な物品貨幣に、貝類(古代中国、オセアニア)、石類(オセアニア)、穀物や布(日本)等があります。

時代が下って、青銅や鉄、銅、あるいは金・銀などの金属が貨幣として使われるようになりました。古くは紀元前7世紀に金属貨幣が使用されていたようです。金属は「保存性」・「等質性」・「分割性」・「運搬性」など貨幣としての必要な条件をよく満たしていることが普及につながりました。

ちなみに、日本で初めて公的に発行された貨幣は、西暦708年に律令政府によってつくられた「和同開珎」(わどうかいほう)で、円形でまん中に四角い穴があいており、中国の貨幣をモデルとしてつくられました。

経済