FXの為替基礎用語;ファンダメンタルズ分析ほか

FXがよくわかるための為替の基礎用語を書いています。FX初心者・株初心者にもわかりやすいように、為替の基礎用語を解説しています。

[為替の基礎用語;ファンダメンタルズ分析]
ファンダメンタルズ分析とは、国や企業などの「経済の活動状況を示す基礎的な要因」という意味がある為替の基礎用語です。例えば、FXの場合だと、各国の経済状態を示す様々な指標などという為替の基礎用語です。ファンダメンタルズ分析によって、今後の株の利益がでるのかどうか、株価が適切な価格なのかなどを判断することができるのです。
ファンダメンタルズ分析を覚えると、銘柄を選んだり、売買のタイミングを図ったりするのにとても役立ちます。
ファンダメンタルズ分析は、現在為替レートが低くても、その国の経済・政治状況が良好であれば、いずれ将来的にその価値は上昇するかもという考え方なので、中長期投資を考えている人にとっては、有利な分析手法といえます。
ファンダメンタルズ分析は、チャートなどのテクニカル分析とともに二大分析といわれています。為替の基礎用語でもありますので、覚えておきましょう。

[為替の基礎用語;JASDAQ]

JASDAQとはジャスダック証券取引所の略称です。
東京都中央区日本橋茅場町一丁目(東京証券会館内)にある金融商品取引所を言います。為替の基礎用語としてもよく耳にすることが多いと思います。
1963 年に、日本証券業協会が創設した店頭登録制度が源流です。
成長・ベンチャー企業向けの市場として整備され、店頭売買有価証券市場(店頭登録市場、店頭市場)のJASDAQ になりました。
2004年に、現在のような証券取引所となり、国内で唯一21世紀に新設された金融商品取引所になっています。

為替の基礎用語を覚えることで、為替の知識は増えに取引内容がよく分かるようになるようです。いきなり取引の達人になるのは難しいので、為替の基礎用語を理解することから始めていくといいようです。

経済