FXの基礎用語;スワップ

初心者向けにFXの基礎について書いておりますが、FXの初心者向けに、これが完璧、という運用方法はありません。運用方法は自分自身にあったものを見つけていかねばなりませんから、様々の手法を勉強して答えを見つけて頂きたいですね。

さてFXで運用する過程で、為替の基礎用語についてスワップ金利の言葉をよく耳にされると思いますが、これは、日本の為替と海外の為替の金利差で運用する手法です。

政策金利で比較しますと日本の金利は0・10%と超低金利ですが、外国に目を向けてみますと米国が0・25%で、英国0・50%、ユーロが1・0%で、オーストラリアに至っては4・75%、南アフリカは5・50%にもなります。日本の銀行や郵便貯金で金利が貰えるのは昭和の古き良き時代の話ですが、FXにおける為替の運用については、スワップを利用すれば長期的に安定運用も可能です。

ただし為替の基礎を理解されている方はご存知だと思いますが、スワップで安定した金利を獲得できても、為替の変動によるリスクはあります。ですから、初心者の方は、金利の高い為替をいきなり狙うのではなくて、為替の情報が入手し易い米ドルやユーロでの運用をまずはおすすめします。

米国やユーロの主要国であるフランスやドイツの情報はテレビやネットなどで常に最新の情報が流れておりますから、政治や経済の不安による急な為替変動にも対応しやすいですからね。為替の基礎を学ぶうえで情報入手とリスク対応が重要視されますから、初心者の方は安定運用が基礎です。

経済