FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、
FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

為替の基礎;外国為替証拠金取引とは?

さて今回からは、為替の基礎として、外国為替証拠金取引(FX)の基礎知識をご紹介していきましょう。これまでの為替の基礎知識は、このFXの為にあったと言っても過言ではありません。何事も基礎固めは大切です。

[基礎;外国為替証拠金取引(FX)とは?]
円を売ってアメリカドルやユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のこと。最近では、アメリカドルやユーロ、イギリスポンド意外にも、豪ドル、南アフリカランドなど取扱通貨も幅広くなっています。そのため、外貨預金感覚で身近な通貨から取引を始めることができます。

[基礎;証拠金取引とは?]
総取引代金の数%程度の少額の証拠金を委託することによって、実際の資金よりも多額の取引を行うことができます。そのため、実際の資金力以上に為替取引することが可能なので、儲けも大きくなりますが、損失も大きいのでリスク管理には他の外貨建て金融商品よりも注意する必要があります。

[基礎;手数料はどのくらい?]
外貨預金や外貨MMFなどでは通常、ドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかりますが、外国為替取引の手数料の多くは片道10銭程度と安くなっています。

[基礎;取引方法は?]
株式投資と同じで、成行注文や指値注文、信用取引のように買いだけでなく売りからも投資できます。最近は、電話だけでなく、外国為替はインターネットからも取引可能で、自分の好きな取引方法や時間が選べるなど使い勝手が良いことでも人気となっています。

為替の基礎知識;バブル以降

為替の基礎知識として、日本の為替相場の推移について近代史とともにご紹介しています。まずは基礎固めを行うことによって、為替の基礎力を上げておきましょう。

1985年(昭和60年)9月のプラザ合意から、急激な円高が進んでいきました。(※ ここで基礎知識ですが、プラザ合意とは、ニューヨークのプラザホテルに集まった当時の先進5ヵ国(日・米・英・独・仏のG5)の大蔵大臣・財務長官と中央銀行総裁が参加した会合で決定した外国為替市場での協調介入を行う合意のこと。)具体的な合意内容は、参加各国がドル安に向けて各国の通貨を一定の幅で切り上げること、その方法として参加各国が外国為替市場で協調介入を行うという内容でした。

こうした行動の狙いは、ドル安でアメリカの輸出競争力を高め貿易赤字を減らすこと、当時成長力を持っていた日本の輸出競争力を抑えることにありました。

プラザ合意の発表前日の円ドル為替相場は1ドル240円程度でしたが、年末の為替相場は200円を切る水準になり、1988年(昭和63年)初には120円台まで円高ドル安が進みました。こうして日本に流れ込んだ資金は、国内の証券市場や不動産市場へ投資され、日本に史上空前の資産バブルを持たらしたのです。

その後1990年にバブル崩壊を迎え、1995年(平成7年)に為替相場は1ドル=80円を切りました。2000年(平成12年)前後は為替は比較的安定し、1ドル=120円前後で推移ししました。

為替の基礎知識;変動相場制~バブル景気

為替の基礎知識として、日本の為替相場の歴史を勉強していきましょう。前回に引き続いて為替の基礎は、「変動相場制以降の為替相場の推移」としてお送りしていきます。

日本の対ドル為替相場は、昭和48年2月の変動相場制導入以降、為替はどんどん円高が進んでいきました。スミソニアン体制の1ドル=308円から、対ドル為替は上下を繰り返しながら円高が進み、昭和53年に為替は1ドル=200円を切りました。

ここで基礎知識として、「円高」と「円安」について確認しておきましょう。ほんの基礎的なことですが、1ドル=300円から、1ドル=200円になった場合、相対的に円の価値が約1.5倍に高くなったと考えられ、「円高」になったと云います。基礎ですが、100ドル購入するのに、30,000円必要だったものが、20,000円で済むわけですから、大きな商売をやっていればやっているほど、為替変動の影響が大きいことになります。

基礎知識として、輸入業者は円の価値が高くなると、安く外国から商品を仕入れられるので為替変動は有利に働きますが、輸出業者は商品が高くなってしまうため、為替変動により売れにくくなってしまい不利に働きます。

話は戻りますが、昭和54~60年までは1ドル=200円台で推移していきますが、1985年(昭和60年)9月の『プラザ合意』を受け、急激に円高が進んでいきます。ここにかの有名な「バブル景気」に突入するわけです。

為替の基礎知識;為替相場の歴史

今回からはやっと為替の基礎について勉強していきます。為替相場は外国と貿易を行う際には取り決めておかなければなりません。日本が諸外国と為替を行うようになったのは江戸時代後期からと考えられます。(※ 江戸時代というのは江戸幕府という中央政府があるものの、諸藩はそれぞれ独立国家として存在していました。その為、統一貨幣というものが定められていなかったので為替相場というものもなかったんじゃないでしょうか。)

日本円とアメリカドルの為替相場は古い資料では、明治初期で約1ドル=1円だったそうです。その後、徐々に為替相場は円安傾向になり明治後期には、約1ドル=2円となっています。昭和に入ると、戦前の昭和10年頃の為替相場(ドル円相場)は、約1ドル=3.5円となり、太平洋戦争終結後、円安が飛躍的に進んでいきます。

アメリカ軍との交換レートによると、1945年9月の為替相場が1ドル=15円、1947年3月の為替相場が1ドル=50円、1948年7月の為替相場が1ドル=270円という記録が残っているそうです。そして1949年4月に1ドル=360円という固定相場制が取られ、この為替相場が1971年まで続くことになります。

1971年12月に開催された10カ国蔵相会議で合意されたスミソニアン協定によって、円はドルに対して16.88%切り上げられ、1ドル=308円の固定為替相場となりました。このスミソニアン体制は長続きせず、1973年に日本を含む先進各国は相次いで変動相場制に切り替えました。

為替の基礎知識;日本のお金の歴史#2

為替の基礎知識を勉強するために、日本のお金の歴史を学んできましたが、今回はそのクライマックスともいえる「円」の歴史についてみていきましょう。

18世紀中頃、明治維新後、明治政府が太政官札などの新紙幣を発行する一方で、まだまだ江戸時代の貨幣も流通していたため、各種通貨の間での円滑な交換が大きな課題となっていました。そして、江戸幕府や新政府発行の数多くの貨幣が一緒に混在して流通している状況に諸外国から通貨の統一を迫られ、1871年(明治4年)に明治政府が「新貨条例」を公布し、統一単位に「円」が初めて採用されました。ここに「円」が誕生したわけです。

この「円」という単位が採用された経緯には諸説あり、(1.)港造幣局の機械を譲り受けた際、香港造幣局がもともと製造していた貿易用銀貨に「ONE DOLLAR 壱圓(いちえん)」という額面表示がされており、この「圓」がそのまま単位になった。(2.)新貨幣鋳造の際に、それまでの四角形から円形にしたので、その単位も「丸」という意味で便宜上「円」にした。(3.)大隈重信が「親指とひさし指で丸を作れば誰でもお金という意味が分かる。」と主張したことから、「円」とした。

このようにして日本円は誕生したわけですが、その歴史は150年ほどです。思ったよりも最近だということが御分かりいただけると思います。江戸時代の日本は鎖国政策を取っており、建前としては外国との貿易を禁じていたので為替相場というものは表向きには存在しませんでした。

為替の基礎知識;日本のお金の歴史#1

今回はもう少し日本のお金の歴史についてみていきましょう。
日本のお金の源流は、中国の貨幣にあります。中国の文化や制度を積極的に採用していた律令政府は、貨幣も唐銭「開元通宝」をモデルとし、円形方孔(丸い形で真ん中に四角い穴が開いているもの)で大きさも重さもほぼ同様の「和同開珎」(わどうかいほう)を発行しました。(西暦708年)

律令政府が発行した貨幣の「皇朝銭」は、原材料の銅の不足などから改鋳の度に銭の質を落としていき、次第に字体も整わない粗末なものになっていったことから、10世紀末には律令政府の弱体化もあって鋳造は停止されました。

その後11~17世紀頃までは、主に「渡来銭」と呼ばれる中国の貨幣が使用されました。この状態は江戸時代初頭まで続いたそうです。しかし、16世紀頃の戦国時代中期には、鉄砲購入のためなど高額貨幣に対する需要の高まりを背景として、各地の大名が積極的に金銀の採掘を行い、多くの金銀貨がつくられていきました。

17世紀、徳川幕府は全国通用の貨幣制度を制定し、貨幣発行権の独占と貨幣様式の統一を図りました。「金貨」は額面金額と枚数で価値を表す「計数貨幣」、銀貨は重さにより価値を示す「秤量貨幣」、銭貨は1個1文の「計数貨幣」というようにそれぞれ別個の価値体系をもっていました。このあたりから、小判や銀貨など馴染みの深い貨幣が登場してくるというわけですね。

次回は日本のお金「円」の歴史についてみていきましょう。

為替の基礎知識;お金の歴史

為替の基礎を学ぶ前に、『お金』の歴史について勉強しておきましょう。そもそもお金っていつから使われているのでしょうか。

一般にお金と呼ばれますが、硬貨や紙幣は正式には『貨幣』と云います。日本なら「円」ですし、アメリカなら「ドル」、韓国は「ウォン」です。こうした貨幣はいつ頃から使われ始めたのでしょうか。

はるか大昔の話ですが、物々交換が盛んに行われるようになると、物資の交換に伴う不便が生じ始めました。
「重くて運べない」、「数が多くて運ぶのが一苦労・・・」などなど。こうした不便を取り除くため、◆誰もが欲しがり、◆集めたり分けたりして任意の値打ちを表すことができ、◆容易に持ち運び、保存できるような品物が、交換の媒介物として用いられるようになりました。

これが「物品貨幣」または「原始貨幣」と呼ばれるもので、、貝殻や石などの自然貨幣、家畜や穀物などの商品貨幣とに分類されます。代表的な物品貨幣に、貝類(古代中国、オセアニア)、石類(オセアニア)、穀物や布(日本)等があります。

時代が下って、青銅や鉄、銅、あるいは金・銀などの金属が貨幣として使われるようになりました。古くは紀元前7世紀に金属貨幣が使用されていたようです。金属は「保存性」・「等質性」・「分割性」・「運搬性」など貨幣としての必要な条件をよく満たしていることが普及につながりました。

ちなみに、日本で初めて公的に発行された貨幣は、西暦708年に律令政府によってつくられた「和同開珎」(わどうかいほう)で、円形でまん中に四角い穴があいており、中国の貨幣をモデルとしてつくられました。

Next Entries »

経済